2019年08月11日

mar0006.gif参院選・比例の得票率分布・立憲民主党

「みらい選挙プロジェクト」が、
7月21日の参院選の比例代表選における、
立憲民主党の得票率を自治体ごとに
地図で示したものを作っています。

これを見ると、立憲民主党の支持が
多い地方と少ない地方がわかります。
今後の選挙戦略の参考になるでしょう。

 

立憲民主党の投票率の高い地域は、
北海道、青森、岩手の一部、仙台、
新潟、長野、栃木、首都圏、名古屋、
三重、中国地方の内陸部などです。

得票率の低い地域は北陸や西日本の一部など、
自民党の強いところが多いです。

大阪とその周辺で、立憲民主党の投票率が
とくに低いことが注意を引きます。
これは維新に票を取られるためと考えられます。
やはり大阪は維新に支持を取られて、
立憲民主党は締め出され気味のようです。


より重要なのはこちらだと思います。
2017年の衆院選の比例の得票と、
今回の参院選の比例の得票の差です。

立憲民主党は得票の合計を減らしているので、
ほぼ全国で得票率が減少しています。
そんな中にあって青森だけは、
得票率が大きく上がっています。

青森の事情については考察を要するところです。
(いまのところ青森における
得票率上昇の原因はわからないです。)


posted by たんぽぽ at 21:35 | Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 参院選・比例の得票率分布・立憲民主党 web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]