2019年08月14日

mar0006.gif参院選・比例の得票率分布・国民民主党

8月11日エントリでは7月21日の参院選における
立憲民主党の比例の得票率分布を見てきました。

同じく「みらい選挙プロジェクト」による
以下のエントリは、すべての政党についての
比例代表における得票率分布が載せられています。

「第25回参院選(2019年)精密地域分析 ―速報版―」

 
社民党は大分で強いとか、共産党は京都で強いとか、
維新は大阪でとても強く、京都で反発があるとか、
常識的に言われていることは、
比例の得票率分布にもあらわれています。


従来の常識がなく、興味をひく傾向を示すのが、
国民民主党の比例の得票率分布です。
玉木雄一郎のいる香川で得票率が高いとか、
国民民主党の有力議員がいるところで
強いという、当然の結果は出ています。


ほかには原子力発電や原子力産業のある地域で、
国民民主党の得票率は高めになっています。



国民民主党は原子力発電は将来的に
縮小、廃止することを公約にしています。
それゆえこれらの地域は、原子力発電の
維持や推進を期待して、国民民主党を
支持しているのではないでしょう。

ようは原子力政策が支持されたころ、
原子力産業を地元に引っ張ってきたことで
築かれた支持基盤が、原子力政策が転換になっても
そのまま残っていて続いている、
ということだと思います。

posted by たんぽぽ at 06:21 | Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 参院選・比例の得票率分布・国民民主党 web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]