2020年05月13日

toujyouka016.jpg また別姓夫婦の子どもが出てきた

5月10日エントリの続き。

選択的夫婦別姓についての「選挙ドットコム」の
長尾たかしのインタビュー記事を見ていきます。

「日本人の「生活」を法律で縛るべきなのか? 長尾敬・衆議院議員に聞く 「選択的夫婦別姓」のはなし【3】」

 
長尾たかしはなぜ選択的夫婦別姓に
反対するのか、その理由を最初に述べています。
「子どもにとって両親の苗字は
同じほうがよい」ということだそうです。

長尾敬議員:理由はいろいろとあるけど、
まずは子どもにとって、お父さんとお母さんの苗字は
同じほうが良いということです。
それが、これまで日本を形作ってきた家族制度です。

長尾たかしは2018年の国際女性の日にも
選択的夫婦別姓に反対する意見を
ツイッターで述べて話題になっていました。

そのときの長尾たかしがあげた反対の理由も
「子どもにとって両親の苗字は
同じほうがいいと思う」でした。
同じ理由をここでも述べたのでしょう。

「長尾たかし・選択的夫婦別姓に反対」



長尾たかしの根拠は「自分の子どもに
聞いたら嫌だと答えるので、ほかの多くの
子どもたちもそうだろう」というものです。
ずいぶん狭い個人的体験を一般化したと思います。


親が夫婦別姓でも、その子どもはそんなことを
気にしないことは、これまでにたくさんの報告があります。
長尾たかしは2年前のときもツイッターで
何人ものかたから反論されていました。

たくさんのかたからの反論に対して、
長尾たかしはそれらに再度根拠を示して
反論することはなかったのでした。
それでも意見を変えなかったということです。


インタビューでは選挙ドットコムのかたも、
両親が別姓でも問題なく育っている子どもたちは
たくさんいますよと、指摘されます。

選コム:子どもから見て両親の苗字が同じほうが
良いのではというお話ですが、両親の苗字が違っても
家族仲良く、すくすくと育っているお子さんもいます。

長尾たかしの答えは「両親が別姓でも
問題ない子どもがいることは把握している、
そうした家庭を問題視はしない」という趣旨です。

長尾議員:もちろん、ご家庭の事情でご両親の苗字が
違ってもすくすく育っているお子さんもいます。
それぞれの個別のケースを問題視するつもりはありません。

それなら選択的夫婦別姓を認めても、
なんら問題ないのではありませんか?
両親の苗字が違っても子どもに問題ないのに
選択的夫婦別姓を認めない理由は、
なんなのかと思います。


長尾たかしは両親の苗字が違っても
なんら問題ない子どもはたくさんいる
ということは認識しているとは言えます。

2年前にたくさんのかたから反証された影響も、
ここにはあるのかもしれないです。

posted by たんぽぽ at 23:28 | Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - また別姓夫婦の子どもが出てきた web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]