2020年11月22日

toujyouka016.jpg 選択的夫婦別姓に7割以上が賛成

選択的夫婦別姓に賛成と答えたかたが
7割というアンケートがあります。

「結婚前の姓を名乗れる「選択的夫婦別姓」およそ70%の人が賛成」

早稲田大学の棚村政行教授と
あの「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」が
共同で行なったアンケートです。

 

早稲田大学の棚村政行教授と市民団体の
「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」が
共同で行ったアンケートによると、
結婚前の姓を名乗れる「選択的夫婦別姓」について、
およそ70%の人が賛成と答えていることがわかりました。



この調査はインターネットを通じで
行なわれたもので、20代から50代の
男女7000人が回答しています。

調査は、家族法に詳しい早稲田大学の
棚村政行教授と市民団体の「選択的夫婦別姓・
全国陳情アクション」が共同で
インターネットを通じて先月行い、
全国の20代から50代の男女7000人が回答しました。


結果は選択的夫婦別姓に「賛成」が70.6%、
「反対」は14.4%にとどまりました。



賛成が7割程度、反対が2割に満たない
というのは、最近の世論調査と比較しても
近い数字となっています。

「選択的夫婦別姓・ふたつの世論調査」
「選択的夫婦別姓に賛成が8割」

選択的夫婦別姓の賛否に関して
どのような調査をしても、調査対象が
一般的であれば、同じような数字になる
ということなのでしょう。

選択的夫婦別姓は賛成が多数で、
反対は少数にすぎないというのは、
揺るぎないものになっていたと思います。

posted by たんぽぽ at 22:53 | Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 選択的夫婦別姓に7割以上が賛成 web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]