2021年09月07日

toujyouka016.jpg コロナ対策で2代続けて首相を投げた

9月6日エントリの続き。

9月3日になされた菅義偉首相の
自民党総裁選への立候補の取りやめ、
すなわち辞任の表明の続きです。

「菅首相が自民党総裁選挙への不出馬を表明「新型コロナ対策に専任したい」」

外国のメディアも菅義偉が総裁選に
不出馬を決めたのは、コロナ対策、オリンピック、
横浜市長選の敗北が原因と見ています。

 
この中でもとりわけ大きいのは、
コロナ対策で成果が出ないことだろうと思います。
NHKの報道の孫引きで恐縮ですが、
外国メディアのコメントを引用します。

「菅首相 自民総裁選に立候補せず 総裁任期満了に伴い首相退任へ」

AP通信は「菅総理大臣は新型コロナウイルス対策で
遅れをとったほか、国民の健康への懸念がある中で
オリンピックを開催したことで批判を受け、
支持率が急降下した」と伝えています。
アメリカの有力紙、ニューヨーク・タイムズは
「菅総理大臣は歴史的に不人気な政権を救おうと
何日も費やしたあと急な判断をくだした。
新型コロナウイルスの症例が過去最高を記録し、
ワクチンの供給が不安定となって
入院も難しくなる中、これ以上続けられないと
判断したとみられる」と伝えています。
アメリカのメディア、ブルームバーグは
「東京オリンピック後の数週間、
日本では感染者が急増し菅総理大臣の
支持率は急落していた。
さらに先月は菅総理大臣が政治家としての
キャリアをスタートさせた横浜市の市長選挙で
支援していた候補が敗れるなど
打撃が続いていた」と伝えています。
アメリカのCNNテレビは東京から中継で、
菅総理大臣の表明の背景について
「安倍前総理大臣が健康上の理由で退いたあと、
延期されたオリンピックと進行中の
新型コロナウイルスの大流行という非常に
困難な状況を引き継いでいた」と伝えています。
国営の中国中央テレビはニュース番組で
「菅総理大臣が自民党の臨時役員会で
総裁選挙に立候補しないことを表明した。
今月末に総裁の任期が満了するのに伴い
総理大臣を退任することになる」と伝えました。
そして「このところ新型コロナウイルスの影響で
支持率がずっとよくなかった」と伝えました。


約1年前の2020年8月には、安倍晋三が
持病の悪化もあって首相を辞任しました。
原因のひとつはコロナ対策や
それにともなう政権支持率の低下で、
圧迫されたことがあります。

「安倍晋三首相・辞任の意向を表明」
「安倍晋三首相の退陣とコロナ対策」

かくして安倍晋三、菅義偉と2代続けて、
コロナウイルス対策に追われて、
首相を投げ出したことになります。


以前お話しましたが、世界中の多くの国で、
コロナ対策を適切に行なうことで、
政権やリーダーたちは、その政治的スタンスに
かかわりなく支持率を上昇させています。

コロナ禍は「だれがやっても支持率が
上昇する」状況にあると言えます。

「コロナ対策で世界の政権支持率は上昇」

そうした中にあって、日本の自民党政権は
コロナ対策でじゅうぶんな成果が出せず、
支持率が上がらないどころか、
首相を投げ出したということです。
それも2代続けて、です。

「コロナ対策で日本の政権支持率は下降」

自民党政権には、いかに問題解決能力が
欠如しているかを、あらためて
見てとることができると思います。



付記:

「政権がコロナ対応で成果が出せず、
首相が2代続けて投げ出した」という事実は
結構重要ではないかと、わたしは思います。

世論は次の総裁選に関心が行っているのか、
あまりこの事実を問題にするかたは
いらっしゃらないようですが。

posted by たんぽぽ at 22:00 | Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - コロナ対策で2代続けて首相を投げた web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]