2021年09月20日

toujyouka016.jpg 墓はどうする?その一言は票を失なうかも

「お墓はどうするんだ」の「一言」が
選択的夫婦別姓の反対論として
とても説得力があると思っているツイートです。

その「ひとこと」で、選択的夫婦別姓を
推進する候補者は多くの票を失なうそうです。
(なかなか痛いと、わたしは思いました。)

 


選択的夫婦別姓の導入でお墓はどうなるなんて、
さんざん議論されていることです。
なんら問題ないこともわかっています。
なにをいまさらと思います。

「反対派の精神構造と思考構造 お墓を守る反対派」


「お墓どうするんだ」の「一言」で
選択的夫婦別姓に反対するほうが、
票をなくすのではないかと思います。

そんな「一言」で失なわれる票が
あるとしたら、もともと選択的夫婦別姓に
反対している有権者の票だと思います。
「一言」がなくても、それ以前の段階で
投票しないと決めている人だと思います。


渡邉哲也氏。

なんか見覚えがあると思ったら、
いまから7年前に、非実在記者の進藤翔(24)の
実在を信じていたかたでした。

「非実在記者・進藤翔(24)」

進藤翔を信じるリテラシーなら、
「お墓はどうする」の「一言」だけで、
選択的夫婦別姓に反対する理由として
説得力があると思っても、
無理もないことかもしれないです。

posted by たんぽぽ at 21:43 | Comment(0) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 墓はどうする?その一言は票を失なうかも web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]