2021年10月29日

toujyouka016.jpg みんなの未来を選ぶためのチェックリスト

10月31日の衆院選にむけて
「みんなの未来を選ぶための
チェックリスト」というサイトがあります。

「みんなの未来を選ぶためのチェックリスト-衆議院選挙2021-」

これは主催者が「重要」と思われる争点に対して、
各政党の意見をまとめたものです。

(ボートマッチのように設問に
答えるといった読者の参加が
あるものではないです。)

 
私たちは、各自の問題意識・市民運動を
通じて繋がった有志の集まりです。
このたび、衆議院議員総選挙へ向け、
国政政党へ公開質問状をお送りいたしました。

各政党からの回答を受け、
今回の衆院選選挙での投票行動に繋がるよう、
『みんなの未来を選ぶためのチェックリスト
-衆議院選挙2021-』というアクションを
立ち上げました。
質問状は10/6に各政党へお送りさせて頂き、
10/14を回答期限とさせて頂きました。

期限までにご回答を頂けたのは、
自由民主党、立憲民主党、日本共産党、社会民主党、
れいわ新選組、日本維新の会でした。
お忙しい中ご対応頂いたこと、
この場をお借りして感謝を申し上げます。
公明党、国民民主党からは残念ながら
期限内にご回答を頂けませんでした。

質問は19項目、67問、原則○か×でお答え頂き、
△の場合は理由をご回答頂きました。


設問内容は、国民の暮らしや貧困問題、
家族・ジェンダーや人権問題についてのものが
多くなっていると思います。

このプロジェクトを立ち上げたかたたちが
なにを大切と考えているかが
伝わってくる設問の選びかただと思います。

01.コロナ対策について

02.家族・暮らし・防災について

03.エッセンシャルワーカーの待遇について

04.税制改革について

05.働く人の権利について

06.困窮者支援について

07.同性婚について

08.ジェンダー平等の実現について

09.性暴力/刑法改正について

10.学費について

11.環境問題について

12.原発問題について

13.核兵器廃絶について

14.沖縄基地問題について

15.農林水産業について

16.差別問題について

17.入管問題について

18.情報開示について

19.文化芸術について

これらのテーマは、日本社会では
あまり重視されず、ないがしろに
されがちなことではないかと思います。
それゆえ政治課題としても
すみに追いやられがちだと思います。


こうしたテーマについて各政党が
どのように考えているのか、
気になるかたも多いと思います。
ぜひご覧になって、衆院選の投票の
参考になさるといいと思います。

「08.ジェンダー平等の実現について」には、
選択的夫婦別姓の是非もあります。
このブログとしてもっとも気になる
テーマを入れてくださって、
わたしとしてはうれしく思います。

posted by たんぽぽ at 23:38 | Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - みんなの未来を選ぶためのチェックリスト web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]