2021年11月04日

toujyouka016.jpg 枝野幸男・ツイッターで慰留される

11月3日エントリの続き。

枝野幸男が立憲民主党の代表を
辞任することを受けて、ツイッターでは
#枝野辞めるな 」という
ハッシュタグがトレンドになりました。

しかもそれが新聞記事にもなりました。

「「#枝野辞めるな」辞意表明受け、Twitterのトレンド1位に」

 


立憲民主党の枝野幸男代表が2日、
衆院選の不振を踏まえ、辞任する意向を
表明したことに、ツイッターでは
「#枝野辞めるな」の投稿が相次ぎ、
日本のトレンドの1位になった。

2日午後4時15分時点のツイート数は
9600件を超え、枝野代表の
辞意を伝える「辞意表明」の
ツイート数(9100件余り)を上回っている。

その多くは立憲民主党や日本の将来を
考えて、枝野幸男は代表をやめずに
続けてほしいというものです。
(そうでないのもありますが。)

このようなかたちで、たくさんの
一般の人たちから慰留されるのは、
枝野幸男にはそれだけ支持と人望、人気が
あるのだと、あらためて思うところです。


11月3日エントリでも触れましたが、
今回の立憲民主党の敗北は、
代表が責任をとって辞任するかどうかは
微妙なラインだと思います。


それゆえ熱心な支持者なら、
「辞任する必要はない、ぜひ続投を」と
問題なく言うだろうとは思います。


枝野幸男のかかる人望、支持、人気は、
やはり2017年の立憲民主党の
結党が大きいだろうと思います。

リベラル・左派が風前のともしびと
なった状況から立憲民主党を立ち上げ、
直後の衆院選で野党第一党となる
大成果をあげた功績は絶大です。

立憲民主党の2017年の成果は、
リベラル・左派に自分たちが
支持できる政党を与えただけでなく、
リベラル・左派に支持があることを証明し、
自信を与えたことも大きいと思います。

そのあとも、まがりなりにも
枝野幸男は選挙で成果を出して、
立憲民主党の党勢を拡大してきました。
これも「結党のときだけ」ではないという
信頼を与えていると思います。

posted by たんぽぽ at 22:39 | Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 枝野幸男・ツイッターで慰留される web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]