2021年12月04日

toujyouka016.jpg 失なわれた30年・責任転嫁のための国粋主義

日本を異様に持ち上げる
「日本すごい」論が、日本がすでに
すごくなくなってから出てきた
という指摘をするツイートです。

いつのまにか「日本すごい」と
持ち上げる論調が社会の中に蔓延し、
メディアでもそうした番組が
よく流されるようになっています。

 


「日本すごい」論の蔓延は、
バブル崩壊以来の「失なわれた30年」と、
それをもたらした「保守派」の
問題解決能力の欠如から現実逃避を
するための国粋主義だと思います。

「「失なわれた30年」は保守派の責任」
「排外・国粋主義は保守派の「阿片」」



彼ら「日本すごい」論を展開する
「保守派」たちは、「追い詰められている」
というほどではないけれど、
「責任逃れ」はしていると思います。

また彼ら「保守派」たちが
「日本すごい」論を喧伝することに
よって「実利」を得ている
というほどでもないと思います。

(現実逃避や責任転嫁を続けられる
という「実利」はあると言えますが、
ここでの「実利」はそんなレベルのことでは
ないだろうと思います。)


一般に、根拠のとぼしい
過剰なナショナリズムがはやるのは、
国力が衰退しているときに
起きやすい現象です。

衰えていく国を立て直せないので、
必要以上にナショナリズムに
傾倒することで、みずからを
肯定しようということです。

それゆえ日本がすごくなくなってから
「日本すごい」論が蔓延するのは、
それほど珍現象でもないと言えます。

posted by たんぽぽ at 19:15 | Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 失なわれた30年・責任転嫁のための国粋主義 web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]