2021年12月13日

toujyouka016.jpg 「昭和な夫」と「令和な夫」がいる40代

現在の40代の男性の中で「昭和な夫」と
「令和な夫」がいる、というお話です。
田房永子氏のエッセイです。

「同じ40代で「昭和な夫」と「令和な夫」がいるのはなぜなのか」

 

ここでの「昭和な夫」とは、
「夫は外で働き、妻が家庭を守る」
という、高度経済成長期以来の
家族観を堅持する男性です。

「昭和な夫」は、妻が育児でどれだけ
目を回していても、自分はほとんど
育児をすることはないです。

「自分は仕事から帰ってきて疲れているから、
家ではそんなことはしない、
育児はそもそも妻の役目だ」
と考えているということです。


「令和な夫」は家庭生活においても
ジェンダー平等意識を持っています。
外で仕事をして疲れていても、
家に帰れば自分も育児をします。

「育児は夫婦の両方ですることだ、
妻だけに育児をさせてはならない」と
「令和な夫」は考えているということです。


どうやら現在の40代の男性の中には、
家族やジェンダーに関して因襲・反動的な
前時代の意識のままの人もいるし、
現代的なジェンダー平等意識を
持った人もいるもののようです。

40代の男性はみんな同じような
家族・ジェンダー意識ではないということです。
この世代の男性を話題にするときは、
注意が必要になりそうです。


前にわたしはこのブログで
「昭和おやじは平成を乗り越えろ」と、
言ったことがあります。

「昭和おやじは平成を乗り越えろ」

「昭和な夫」は平成を乗り越えられず、
「昭和おやじ」のままでいる男性
ということになるでしょう。

「令和な夫」は平成を乗り越えて、
これからの時代にまがりなりにも
適合している男性ということです。

平成時代は30年以上続きました。
「昭和な夫」と「令和な夫」は
相当に大きな差が開いたことになりそうです。

posted by たんぽぽ at 22:51 | Comment(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 「昭和な夫」と「令和な夫」がいる40代 web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]