2022年01月28日

toujyouka016.jpg 伊藤詩織、二審も勝訴・性暴力が認められる

1月25日に、伊藤詩織さんが性的暴行を
受けたとして、山口敬之氏から損害賠償を
求めた訴訟の控訴審判決が出されました。

控訴審でも性行為に同意はなく、
性暴力があったことが認められました。
一審に続いて伊藤詩織さんの勝訴です。
おめでとうございます。

「伊藤詩織さんへの性暴力を東京高裁が認定 一審に続き二審も」

 
東京高裁は25日、ジャーナリストの
伊藤詩織さんが性暴力を受けたとして、
元TBS記者山口敬之さんに1100万円の
損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、
一審に続き性暴力があったことを認定し、
約330万円の支払いを命じました。



伊藤詩織さんと山口敬之氏の訴訟の
第一審は2019年12月に判決が出ました。

「伊藤詩織が民事で勝訴・性暴力が裁かれる」

一審でも性暴力があったことは
認められ、山口敬之氏は伊藤詩織さんに
330万円の支払いを命じられました。

山口敬之氏は一審の判決に
納得せず、控訴したのでした。
控訴審も一審とほぼ同じ内容の判決が、
くだされたことになります。

「元TBS記者・山口敬之さんの会見に、姿を見せた伊藤詩織さん。その様子は」
元TBS記者の山口敬之さんから
性行為を強要されたとして
民事訴訟を起こしていたジャーナリストの
伊藤詩織さんが12月18日、勝訴した。

山口さんは330万円の支払いを
命じられ、控訴する意思を示した。


山口敬之氏は控訴審の判決にも
当然納得していないです。
上告する意向を表明しています。


この訴訟は最高裁で争うことになります。
伊藤詩織さんはぜひ勝訴して、
性暴力があったことが認められて、
裁判が確定するを祈ります。

posted by たんぽぽ at 22:50 | Comment(0) | 法律一般・訴訟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 伊藤詩織、二審も勝訴・性暴力が認められる web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]