2022年06月26日

toujyouka016.jpg 参院選情勢報道序盤・比例区、立憲民主

「みらい選挙プロジェクト」の
三春充希氏による参院選の情勢報道の
分析が、すでにいくつか出ています。

今回は共同通信社による比例区の情勢を、
見てみたいと思います。

 

立憲民主党ですが、黄色以上を当選と
考えると、現時点での予想獲得議席は8です。

前回2018年の参院選のときは、
立憲民主党の獲得議席は8でした。
今回の参院選もこのままいけば、
前回と同じ議席数になりそうです。

「参院選・比例区の獲得議席・立憲民主党」

2019年とくらべて、立憲民主党は
党勢は後退していると思われるので、
今回の獲得議席は減るのでは?と、
わたしは思っていました。
これはいささか意外です。


今回の参院選は、維新の予想される
獲得議席が8になっています。
このままいけば立憲民主とならびます。

維新は躍進したと言えるでしょう。
立憲民主はやはり党勢が振るわず
伸び悩んでいるとも言えるでしょう。


候補者個人で見ると、立憲民主の
1位は、いまのところ辻元清美です。
辻元清美は全国的に支持者がいると
思われますし、それゆえ票が集まるのでしょう。

立憲民主が辻元清美を比例の
候補者に入れたのは、適切な
判断だったことになります。

「辻元清美・参院選比例区に擁立の方針」


立憲民主の8位、最下位当選となることが
予想されるのが有田芳生です。
現時点の予想はオレンジのA-なので、
安全圏にいるとは言えるでしょう。

それでも油断していると、
比例の全獲得議席が減って、
下位の候補者が落選することになります。

有田芳生には当選してほしいと
思うかたも多いと思います。
ここは健闘していただきたいです。

posted by たんぽぽ at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 参院選情勢報道序盤・比例区、立憲民主 web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック