2022年06月29日

toujyouka016.jpg 参院選情勢報道序盤・1人区は後退

「みらい選挙プロジェクト」の
三春充希氏が、1人区の序盤について
各新聞社の選挙情勢をまとめています。

 


これを見ると野党サイドは順調に
進んでも8議席にとどまりそうです。
今後の情勢によっては、獲得議席が
もっと減る可能性はあります。

野党サイドは2016年は11議席、
2019年は10議席を獲得したので、
後退することになりそうです。


1人区は全部で32ありますが、
今回野党共闘候補を擁立したのは、
11選挙区だけとなっています。

「参院選 1人区の野党候補一本化は11選挙区のみ 3分の2で競合、共倒れ懸念も」



今回の1人区の野党サイドの後退は、
立憲民主党などの党勢の後退も
あると思いますが、野党共闘の選挙区を
減らしたこともあると思います。

posted by たんぽぽ at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 参院選情勢報道序盤・1人区は後退 web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック