2022年07月09日

toujyouka016.jpg 朝日新聞ボートマッチ・格差是正

朝日新聞のボートマッチには
格差是正についての設問があります。

これは経済競争力と格差是正とどちらを
優先するか、ということを尋ねています。

「参院選2022 朝日新聞ボートマッチ」

 
格差是正とは具体的にどんな格差を
意識しているのかな?と思って
「解説はこちら」を見てみました。

ジェンダー格差、子どもの貧困、
正規と非正規の格差などがあります。



そういうことなら、わたしは迷わず
格差是正を優先ですよ、ということで、
「Bに近い』をわたしは選びました。

 
もっとも「B」の格差是正優先に
寄っているのが共産党です。
やはりというか、格差の問題には
共産党は敏感かつ熱心と
いうことなのでしょう。




社民党も90%以上の位置にあって、
「B」の格差是正優先のスタンスです。
そして、れいわと立憲民主が70%代で、
これに続いています。


自民、公明、維新、国民民主の4党は
ほぼまんなかに集まっていて、
「どちらとも言えない」です。

これらの政党は格差是正には
あまり積極的でない、ということに
なるのだろうと思います。

それでもあからさまに「A」の
「格差是正より経済競争力だ」を
主張しているわけではないです。

日本には格差があるという現実は、
もはやどの政党も無視できない、
ということかもしれないです。



付記:

経済競争力と格差是正を対立する
スタンスと考えることにも
言いたいことはありますが、
それはここでは置いておきます。


posted by たんぽぽ at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 朝日新聞ボートマッチ・格差是正 web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック