2022年09月13日

toujyouka016.jpg 社会が支援するジェンダー差別議員

9月12日エントリの続き。

「保守系」の議員や識者たちは、
宗教団体の主催する差別的な集会に
参加しても、社会的なダメージを
ほとんど受けない、という指摘もあります。

 


2016年に日本会議が話題になりました。
そのジェンダー差別的な家族イデオロギーも
だいぶ問題になりました。

「日本会議・ミソジニーの本質」
「日本会議・ミソジニーの本質」

そのとき名指しで批判された国会議員や
識者たちは、そのあともあいかわらず
ジェンダー差別的な主張や活動を続けています。
その差別性ゆえに社会的ダメージを
受けた様子は、べつだんないようです。


彼らジェンダー差別的な議員や識者が
ダメージを受けないゆえんは、
社会がジェンダー差別を黙認や容認を
するからにほかならないからだと思います。

「オンナコドモのことはくだらない」と
思って、社会が放置するということです。
それでジェンダー差別的な議員や
識者たちは、その後もなにごとも
なかったかのように、差別的な言動を
続けられることになります。


欧米の民主主義国でも、ジェンダー差別的な
政治家や識者はいると思います。
それは日本より深刻かもしれないです。

日本と違うのは、欧米の民主主義国は
社会がジェンダー差別を容認しない意識が
ずっとあるということだと思います。

それゆえ政治家や識者がジェンダー差別的な
言動を展開すると、社会が彼らに対して
否定的になるので、彼ら差別的な人たちは
大手を振っていられなくなるということです。

このあたりまでは、これまでにもわたしは
何度かお話したことがあると思います。


「オンナコドモのことはくだらない」という
日本の「社会一般の人たち」は、
実はジェンダー差別の支持や加担を
したいのではないかとも、わたしは思っています。

彼ら「社会一般の人たち」も、
「女が差別されるのはやむをえない」とか、
「女が差別されるのは当然」くらいに
思っているということです。


それでも彼ら「社会一般の人たち」は、
みずからがジェンダー差別的な
発言や活動をすることは、
さすがにはばかられるのでしょう。
やはり批判は受けたくないからです。

それで、ジェンダー差別的な言動を
遠慮なく展開できる人たちが
矢面に立ってくれたときには、
自分はそれを放置することで、
ジェンダー差別を支援しよう、
ということではないかと思います。

彼ら「社会一般の人たち」も内心では、
ジェンダー差別的な政治家や識者に
賛同しているので、批判したくない
ということでもあると思います。

posted by たんぽぽ at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・ジェンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 社会が支援するジェンダー差別議員 web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック