2023年01月16日

toujyouka016.jpg 自民党議員・安倍晋三の銃撃を語る

1月11日の朝日新聞の有料記事で、
統一教会の支援を参院選で
受けた自民党議員、井上義行の
インタビュー記事があります。

その内容はとても衝撃的です。
はてなブックマークは大にぎわいです。

「旧統一教会の支援受けた自民・井上氏 山上容疑者へ「甘ったれるな」」
(はてなブックマーク)

 
井上義行はテロリストの山上徹也を
「親の財産のことで苦しむなんて
甘ったれるな」と叱咤します。

そして井上義行ご自身は、「統一教会の
支援を受けることをなんとも思わないし、
また支援を受けたい」と言っています。

これくらい強烈なら、反響が大きいのも
ごもっともなことです。


旧統一教会の支援受けた自民・井上氏 山上容疑者へ「甘ったれるな」:朝日新聞デジタル

「(容疑者へ)40歳にもなって、親の財産のことで苦しむなんて、甘ったれるな」「(教団の競技の運用は知らず)家族の問題や反共産主義など共通のところで共闘していた」 ←有料部分から。この家族観はキツいな…

2023/01/12 10:06

旧統一教会の支援受けた自民・井上氏 山上容疑者へ「甘ったれるな」:朝日新聞デジタル

「事件が起きてから、教団から選挙支援を受けていたことはまずいと思いませんでしたか」「特に何も思いませんでした」←そういうとこやぞ。

2023/01/11 20:57

旧統一教会の支援受けた自民・井上氏 山上容疑者へ「甘ったれるな」:朝日新聞デジタル

記事タイトルよりも本文中の『私は旧統一教会支援をこれからも受けたいです』がイカれている。自民党国会議員様、定期的な燃料投下ありがとう。引き続きお願いします。

2023/01/12 09:31


わたしが最初に思ったことは、

「山上徹也が安倍晋三を
銃撃したせいで、おれたち自民党と
統一教会の関係がばれちまった」

という井上義行の「恨み節」です。


そして

「おれたち自民党には統一教会が
必要なんだ、山上徹也みたいなのは
必要な犠牲なんだ」

という井上義行たち自民党議員の意識を、
うっすらとわたしは感じました。

posted by たんぽぽ at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 自民党議員・安倍晋三の銃撃を語る web拍手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック