2007年11月04日

toujyouka016.jpg 民主大連立拒否

福田首相と小沢代表による、2回の党首会談の中身が、
福田首相による、自民と民主の大連立の打診で、
小沢代表がそれを断わったことが、大ニュースになっていますね。
(センセーションがあるのは、とうぜんだけど。)
「福田首相が打診した連立、民主は拒否を決定」
「<大連立協議>福田首相、小沢氏に打診 民主は応じず 」
「<大連立協議>一問一答 福田首相、小沢氏、北側氏、鳩山氏 」

自民党は、もはや民主と組むしかないと見て、擦り寄るのでしょうが、
政権にしがみつきたい執念を、あらためて見たように思います。
民主党は政権交代によって、非自民による政権を作ることは、
長年の悲願ですから、いまさらこんな妥協をしないのも当然でしょう。

 
小沢代表の態度や考えについて、あちこちで取りざたされているようです。
大連立打診のお話を、民主党内にいったん持ち帰っていますが、
単に役員会にかけて決める(しかるべき手続きは踏む)
ためではないかと、わたしは思います。(不満もたくさん出ていますが。)
会談に長い時間かけていたのも、政治評論家のコメントにありますが、
福田首相の内情を探るため、くらいではないかと思います。

ほかにも、なにかあるのだろうとは思いますが、情報はごく少ないですし、
あれこれ憶測を張り巡らせても、はじまらないように思います。
(なので、わたしは、あまり深く立ち入らないのだった。)
民主党の信念は、相当にゆるぎないでしょうし、
このあたり、わたしはあまり心配していないですが。

わたしが興味を惹いたのは、自民と民主の地方組織へのアンケートです。
大連立について訊いているのですが、自民党は賛成9で、反対15、
どちらとも言えないが23、民主党はほとんど全員が反対でした。
このあたりに両党のスタンスが、正直に出ているように思います。
「<大連立>自民の賛否割れ、民主はほぼ反対…地方組織アンケ」

posted by たんぽぽ at 02:19 | Comment(0) | TrackBack(3) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 民主大連立拒否 web拍手
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

誰が1番冷静だ?マスゴミ、小沢、それとも福田・・・?
Excerpt: もぉ夕方にこれで 唐突に驚いた。 <小沢民主代表>辞表提出、進退委ねる 「大連立」混乱招き (毎日新聞) 民主党の小沢代表は4日夕、党本部で記者会見し、代表職の辞意を表明した。 福田首相との党首会談..
Weblog: 憧れの風
Tracked: 2007-11-05 01:23

大連立協議 マスコミ報道の不自然さが気になります。
Excerpt:  テレビや新聞が、大連立の話でもちきりですが、考えすぎの私は、党首会談が行われたことも日米関係に結びつけて考えていました。  今回のテロ対策特措法の期限切れについては、国際状況を考えると、実は自民党..
Weblog: とくらBlog
Tracked: 2007-11-05 10:11

小沢一郎氏の辞任問題について
Excerpt:  小沢一郎氏の辞意表明会見の模様はYouTubeおよび民主党HPで見ることができますが,いわゆる"大連立"に関する小沢氏の説明に釈然としないものが残ることは否定できません。どうやら..
Weblog: 人工樂園
Tracked: 2007-11-07 00:17