2008年04月10日

toujyouka016.jpg 生きる証を

毎日新聞が、3月12日から15日までの4日間にかけて、
『生きる証を』という、連載記事を書いていましたよ。
「無戸籍の悲痛/1 出生届、市は不受理」
「無戸籍の悲痛/2 将来の結婚に不安」
「無戸籍の悲痛/3 誰も気付かず20年」
「無戸籍の悲痛/4止 住民票作成はまれ」

例の「離婚後300日規定」など、さまざまな事情で
戸籍がないかたたちの、悲痛な生活について、まとめたものです。
事例は、過去に記事にしたものから、採っているみたいです。

06年の暮れからきゅうに、毎日新聞は、離婚後300日規定や、
戸籍がないことの問題について、さかんに取り上げはじめたのでした。
一時的な関心ではなく、ずっと問題視を続けていらしたようです。
この調子で今後も、続けていただきたいと思います。

 
連載2日目(13日)は、滋賀県で、パスポートが取れなくて、
修学旅行を断念したという、高校生のお話です。
外務省は運用法を改めたのですが、前夫の苗字でないと
パスポートは作れない、というので、断念したのでした。

そのクラスには、「今日のニュース」という、
生徒が持ち回りで、興味のあるニュースを紹介する授業があるのですが、
そのとき問題の高校生は、「戸籍がないのでパスポートが取れず、
修学旅行に行けない人がいる」ことを発表したそうです。

ところが、お話のしかたは、他人のことのようにして、
じつは自分だということは、いまだに言っていないそうです、
という、切ない裏話が紹介されています。
(でもこの高校生は、結構ニュースになったので、
うすうす勘付いている同級生も、いたりしないのかな?)

posted by たんぽぽ at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | 民法改正一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 生きる証を web拍手
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

一昨日の小沢・福田党首討論は面白くて必見。ウータンが自身を「可哀想なくらい」と嘆いてみたり、青筋で今にも切れそうだったり、(笑)
Excerpt:  それ以外、内容的にもガソリン税・道路特定財源についてや、年金問題についての小沢氏と福田の考え方の差などがうかがえて興味深かったです。  TVでは見逃していて、同人作家の時事・歴史放談Blogさんの「..
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2008-04-11 07:29