2008年04月18日

toujyouka016.jpg 更新記録

「民法改正運動の展開」-「2000年」にあった、
「神道政治連盟を報じないマスコミ」に、加筆修正して「2004年」に移す。
(最初にアップロードしたときから、知識が増えたのだ。)

思い出した。
わたしは、これを見て、「部落解放同盟」の存在を知ったんだ。
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20061111/1163202794

posted by たんぽぽ at 22:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 更新記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はてなブックマーク - 更新記録 web拍手
この記事へのコメント
危うく見逃すところでした。
この「kojitakenの日記」は、いわば布引洋と同じスタンスですね。
私は育ちが関西なのですが、布引が言う京都だけじゃなくて、大阪でも兵庫県でも、中国地方の広島県でも解同による「つるし上げ」や子供たちへの思想の刷り込みなんかをやっていました。それを身を持って知っているので、どうしても解同は支持できません。そんな人間を「解同」呼ばわりする布引っていったい...(笑)。

しかし、布引のブログを見ていたら、「同和問題なんて存在しません」みたいな書き方です。事実は、1969年に施行された「同和対策事業特別措置法」が期限切れになっただけの話で、それをもって「同和問題はすべて解決しました」みたいな布引の論は、共産党もビックリの「トンデモ」でしょう。

ま、それはともかく共産党も「解同憎し」で行き過ぎが生じる傾向、なきにしにあらずです。地方では「自共共闘」なんてこともたまにあるらしい。もっとも、前にも書いたように同和問題に関しては自民党は結構利権にどっぷりつかってるんですが(笑)。大阪の前府知事なんかもどっぷりでした。そこらへんは、府知事選で橋下に有利に働いたかもしれません。
Posted by kojitaken at 2008年04月20日 09:03
おお、気がつきましたね。

そういえば、日本の3大タブーのことを書いていたなと思って、
貴ブログを検索していたら、「解放同盟」のことも
書いてあるのを思い出したのでした...

「解放同盟」のことは、漠然と「やばい組織らしい」くらいの
イメージで、わたしは、ほとんど知らないんだけど、
そういう知らない組織の一員呼ばわりされても、
ぴんとこないのが、率直なところだったりします。

>どうしても解同は支持できません。
>そんな人間を「解同」呼ばわりする布引っていったい...(笑)。

わたしも、すごい失笑しましたよ。
他人のブログを、すみずみまで読む時間くらい、ありそうな気がするけど...
それとも、読んだけれど、無視黙殺をしているのかな...?
(あたまの中で、「偽装している」ことになっていたりして...(笑))
Posted by たんぽぽ at 2008年04月20日 16:56

この記事へのトラックバック